2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

個人スポンサー協賛中

無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

ミニカー購入記(2019年5月30日号)

・スパークモデル 1/43 #10 シトロエンC3 WRC('18 ラリー・カタルーニャ)
Joshin webで6,367円で購入。
'18年仕様のシトロエンC3 WRCは、ここ数年の不振ぶりからチャンピオン争いに絡めそうにない以上、コレクション的には古巣から3戦(第3線 メキシコ、第4戦 ツール・ド・コルス、第12戦 スペイン)のみのスポット参戦ながらWRC復帰を果たしたセバスチャン・ロゥブ車を押さえるしか無いよね! ということで、復帰戦となるツール・ド・コルス仕様を予約購入したものの、第12戦 ラリー・スペイン(カタルーニャ)で、往年の王者らしい走りで2013年以来5年振りに勝ち星を挙げたため、どうせコレクトするなら「優勝イヴェントっしょ!」ということで買い直し。
入荷情報を見落としていて、たまたま別のミニカーの情報漁っていて今月リリース済みだったのを発見したため、値引率の良いJoshin webでポチッとな。

ミニカー購入記(2019年5月26日号)

・ジョニーライトニング 1/64 ウィリスMB“The Siege Of Bastogne/To Bastogne”
京商ビレッジで4,104円で購入。
SUPER GT 第3戦 鈴鹿のPV観戦のためMEGA WEBに行ったついでに、ヴィーナスフォート内の京商ビレッジ(旧PIT 永田町店)を覗いたら、ジョニーライトニング製の、バルジ大作戦でお馴染みバストーニュ近郊の街路を模したジオラマ付きのウィリスMBを発見してしまい、「ジープコレクターとしては買うしかないじゃない! あなたも、私も!」と衝動買い。
「バストーニュ」の看板がかかった壁に矢印が描かれるところを見ると、バストーニュで包囲された第101空挺師団のジープではなく、救出に向かう第4機甲師団のジープって設定なのかな?(マーキングから部隊を特定出来るほどコアじゃない(笑))
リアル店舗通いしてた頃は、この手の小スケールミニカーの入荷もチェックしてちょいちょい買ってたんだけど、通販メインにシフトしてからはすっかりこういう出会いが無くなっていたので、なんか新鮮な買い物体験だった。
京商の商品管理シールは1/50表記だけど、ジョニーライトニング公式Facebookでは1/64表記なので、メイカー情報を信用。

・MARK43 1/43 スズキジムニー(JB64W)XC(キネティックイエロー)
アマゾンで7,406円で購入。
2018年7月に、20年ぶりにフルモデルチェンジされ3代目となったジムニー。街乗りには不向き──とまでは言わないものの、やはり本領を発揮するのはラフロードというクルマの性格上、実際オーナーになることはないだろうけど、軍用車的趣きすら感じるスクウェアで無骨なデザインがどストライクゾーンで、久々半ば本気で欲しいと思った市販車なので、せめてミニカーのオーナーになろうと、値ごろ感が出るのを待ってアマゾンでポチッとな。
色は、実際買うとしたら、キャメルトロフィー感のあるシフォンアイボリーメタリックかブリスクブルーメタリックのツートンだけど、コレクションとしては、カタログのキィヴィジュアルにも使われているキネティックイエローのキャッチーさをチョイス。

TS050に続いてヤリスWRCもミニ四駆化決定

<トヨタ ガズー レーシング WRT/ヤリス WRC (MAシャーシ)>(タミヤ)

おお〜、ヤリスWRCの19年型もミニ四駆化かぁ。
ミニ四駆PROシリーズの中で続けて選ばれるとは、やはり日本車がチャンピオンを獲るというステイタスは格別なのだなぁ。

ミニカー購入記(2019年5月12日号)

・スパークモデル 1/43 #8 トヨタヤリスWRC('18 ラリー・アルゼンティーナ)
mamboxで6,426円で購入。
WRC復帰2年目のトヨタは、昨シーズン明らかとなったウィークポイントであるオーバーヒートとエアロバランスの前後不均衡問題を解消した18年型のヤリスWRCを開発。ドライヴァーラインナップは、前年から継続のヤリ=マティ・ラトバラとエサペッカ・ラッピと、ユホ・ハンニネンの替わりに加入したオイット・タナックの3台体勢でシーズンに挑み、ドライヴァータイトルこそMスポーツ・フォードのオジェに奪われたものの、オジェ以外の成績は奮わなかったMスポーツに対し、シーズン5勝を挙げ、かつラッピ、ラトバラも着実にポイントを重ねたトヨタ・ガズーレーシングWRTがマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得。
18年型ヤリスWRCは、初もの好きの管理人としては、シーズン初優勝かつ移籍後初優勝となったラリー・アルゼンティーナのタナック号をチョイス。
結果的にトヨタ勢での優勝回数も4勝の最多ドライヴァーのマシーンとなったので良いチョイスだったかな。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »