2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

個人スポンサー協賛中

無料ブログはココログ

« ミニカー購入記(2019年4月27日号) | トップページ | TS050に続いてヤリスWRCもミニ四駆化決定 »

ミニカー購入記(2019年5月12日号)

・スパークモデル 1/43 #8 トヨタヤリスWRC('18 ラリー・アルゼンティーナ)
mamboxで6,426円で購入。
WRC復帰2年目のトヨタは、昨シーズン明らかとなったウィークポイントであるオーバーヒートとエアロバランスの前後不均衡問題を解消した18年型のヤリスWRCを開発。ドライヴァーラインナップは、前年から継続のヤリ=マティ・ラトバラとエサペッカ・ラッピと、ユホ・ハンニネンの替わりに加入したオイット・タナックの3台体勢でシーズンに挑み、ドライヴァータイトルこそMスポーツ・フォードのオジェに奪われたものの、オジェ以外の成績は奮わなかったMスポーツに対し、シーズン5勝を挙げ、かつラッピ、ラトバラも着実にポイントを重ねたトヨタ・ガズーレーシングWRTがマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得。
18年型ヤリスWRCは、初もの好きの管理人としては、シーズン初優勝かつ移籍後初優勝となったラリー・アルゼンティーナのタナック号をチョイス。
結果的にトヨタ勢での優勝回数も4勝の最多ドライヴァーのマシーンとなったので良いチョイスだったかな。

« ミニカー購入記(2019年4月27日号) | トップページ | TS050に続いてヤリスWRCもミニ四駆化決定 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ミニカー購入記(2019年4月27日号) | トップページ | TS050に続いてヤリスWRCもミニ四駆化決定 »