2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

個人スポンサー協賛中

無料ブログはココログ

« 鈴鹿8耐参戦マシンTECH21カラー「YZF-R1」展示イベント@秋葉原駅 | トップページ | 『死にゆく者への祈り』DVD版のジャケットのダサさに泣く »

ミニカー購入記(2019年7月6日号)

・スパークモデル 1/43 #33 レッドブルRB15('19 F1)
mamboxで7,052円で購入。
トロロッソでの1年間の「お試し期間」を経て、レッドブルレーシングは'19シーズンからパワーユニットサプライヤーをルノーからホンダへスウィッチすることを決定。ホンダはレッドブルとトロロッソの2ティーム・4台にPUを供給することに。
開幕戦のオーストラリアGPでマックス・フェルスタッペンがいきなり3位表彰台を獲得(ホンダとしては2008年以来11年ぶりの表彰台)し、第3戦 中国GPではやはりフェルスタッペンがポールポジションを獲得し、ホンダPUの戦闘力が着実に上がっていることを示すも、以降第8戦終了時点まで上位争いに食い込めなかったものの、第9戦 オーストリアGPで、ついにフェルスタッペンがホンダF1としては2006年以来13年ぶりとなる優勝を挙げたRB15を早くもスパークがモデル化。
予約時点ではモデル化ラウンド未定になっていたけど、PPを獲得した中国GP仕様をピットボード(自分のは、個体差か自立しなかったけど(^ω^ ;))のオマケ付きで再現。
どうせ特注が出るだろうけど、スパークもどうせ予約時TBCにするなら、もうちょっと様子見てオーストリアGP仕様をリリースすれば良かったのに(笑)。

« 鈴鹿8耐参戦マシンTECH21カラー「YZF-R1」展示イベント@秋葉原駅 | トップページ | 『死にゆく者への祈り』DVD版のジャケットのダサさに泣く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鈴鹿8耐参戦マシンTECH21カラー「YZF-R1」展示イベント@秋葉原駅 | トップページ | 『死にゆく者への祈り』DVD版のジャケットのダサさに泣く »