2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

文化・芸術・サイエンス

そこは「鷲は舞い降りた」って訳すところだろ>ギズモード

「宇宙にまつわるあの音この音、NASAで着メロ配信中!」(GIZMODO Japan)

“The Eagle has landed”の和訳は“鷲は舞い降りた”だろう、常識的に考えて(何の常識だ(笑))。
それは冗談として、このNASAの着メロダウンロードページすごいね、MP3だけじゃなく、わざわざiPhone用のM4R形式まで用意してるよ。
これは「Apollo 11: Eagle Has Landed」と「Apollo 13: Houston, We've Had a Problem」はダウンロードせねば。

#“Houston, we have a problem”の訳は、確かに“問題発生”の方が「正しい」んだけど、心情的には映画『アポロ13』のキャッチの“ヒューストン…トラブル発生”の方がいいよね。自分だけか?(^_^;)

サンダーバード好きとかにはたまらん動画

「スペースシャトル打ち上げまでの6週間をデジタル一眼の動画で撮影」(GIZMODO JAPAN)

うわ、なにこのカッコイイ動画(´д`;)
シャトルが吊り下げられてロケットに括り付けられるところとか、発射台に運ばれていくシークェンスとか、まんまサンダーバードの世界でたまらん。もっと高画質で見たい&保存したいよぉ。フルサイズ版とか公開してくれんだろうか?

ネタ元リンク:「Space Shuttle: The Time-Lapse Movie」

小惑星探査機<はやぶさ>周辺が熱すぎる

「イカロスとはやぶさがキャッキャウフフしてたらボイジャー参戦w」(Togetter)

先日<はやぶさ>がプラモ化されるってのがIT系メディアで採りあげられたかと思えば、今度は衛生同士がツイートによる漫才をしていたことが発覚ですと? <あかつき>にはちゅねを載せる件といい、JAXA最近アグレッシブだね。
宇宙開発への関心を高める宣伝目的の意味あいが強いんだろうけど、こーゆー悪ノリは大好きだわ。
そのうえ擬人化版のはやぶさたんまでフィギュア化されるとかどんだけー?(はやぶさたんもJAXAの監修を受けるのか?(笑))
良い機会だから『現代萌衛星図鑑』でも読んでみようかな〜?

待て騙されるな、そのロボットは米軍の陰謀だ!

「人型ロボットが宇宙へ:宇宙ステーションで作業」(WIRED VISION)

そのヒト型ロボットは実は<ガーディアン>と言って、制宙権を確保せんと目論む米軍が密かに開発した兵器なんだ。IISに送り込んだりしてはいけない!(出典:『MOONLIGHT MILE』)

ありゃ、D"層周期浮上説敗北?

「恐竜絶滅 1回の小惑星衝突が原因 直径10~15キロ」(Yahoo!ニュース)

“チチュルブ・クレーター形成と大量絶滅の時期は一致▽他の天体が前後に衝突した痕跡はない▽6550万年前ごろは火山活動が活発ではなかった--と判明”

ってことは、金子隆一が『大絶滅』で猛プッシュしていたD"層周期浮上説は退けられて、天体衝突説が定説ってことになるのかな?
何にしても、あまりにもスケールがデカすぎて想像力が全くおっつかんの~(^_^;)。

パワーローダーでエイリアンクイーンと戦えるようになるのは最低でも2015以降

「パナソニック・ベンチャー、「エイリアンのパワーローダー」を開発(動画)」(WIRED VISION)

開発したのが松下の社内ベンチャーってところが以外。
しかしこれは、「結果的に」『エイリアン2』のパワーローダーに似たのかね? それとも「パワーローダー」の名を借用してるくらいだから「目指した」結果なのかね?
機能を突き詰めた結果似たんだとしたら、パワーローダーのデザインって慧眼だったんだなぁ。

スカイネットは実はカストロールから生まれる?

「動画:あらゆるバイクに対応するテストライダーロボ Flossie」(Engadger Japanese)

カストロールがこんな物騒なもの開発していたとは!(違)
これに自律走行機能を追加したらモトターミネータのプロトが出来ちゃうやんけ。危ない危ない。
コナー親子は2007年をウロウロなんかしてないで、とっとと現代のカストロールを襲撃しに行くべきだ!

#ところで『サラ・コナー・クロニクルズ』、サラが多少若返るのは許せるとしても、ブロンドからブルネットへ変更しちゃいかんだろ。

レジオン・ドヌール勲章の意外な受勲者

「サルコジ大統領、ローブの功績を讚えて勲章を授与」(AUTOSPORT web)

ロゥブがレジオン・ドヌールを受勲したというニュースを聞いて、他にどんな人がもらってたんだろう? と興味が沸いてWikipediaで引いてみる(ロゥブはまだ追加されてないね(笑))。
ほぉほぉ、モータスポーツ界からはジャン・トッド。映画界ではスピルバーグやイーストウッド、武ちゃんも受章してたのね。
以外?なところでは池田理代子やYOSHIKIなんかも貰ってるんだね〜と感心していたら・・・え、ええ〜っ、ホ、ホーンブロワーぁ!?
架空の人物、しかもにっくき英海軍の軍人に授賞するなんて、ずいぶん洒落っけがあるんだなぁ。
こういう余裕があるところが大人文化と呼ばれる所以なのかね?

1/10 サターンVロケット、打ち上げに成功す

「史上最大モデル・ロケット、打ち上げと回収に成功(動画)」(WIRED VISION)

先日ネタにしたサターンVの1/10レプリカロケットの打ち上げが無事行われた模様。
いやぁ、この打ち上げの迫力はもはや「モデル」ぢゃないでしょ。
上空ではあんだけブランブランしてたのに、ちゃんと直立状態で着地してるのもスゴイ。偶然? それともそういう設計なんだろうか?

1/10 サターンV、リフトオフ!?

「全長11mの巨大『モデルロケット』、まもなく打ち上げ」(WIRED VISION)

ひぇぇぇ、こ、この完成度はもはや、1200メートルしか上がらないという性能以外「飛翔体」の域ではないですかっ!(゜Д゜;)
いけ好かないところも多い国だけど、本気になってこーゆー「バカ」(褒め言葉)をやる50歳のおっちゃんが現れる文化っつーの? 土壌っーの? には素直に敬服するよねぇ。

より以前の記事一覧