2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

無料ブログはココログ

ミニカー:購入記

ミニカー購入記(2017年9月16日号)

・隔週刊 ラリーカーコレクション 1/43 #1 シトロエンクサラWRC('06 ラリーフィンランド)
で円で購入。
ラリーカーコレクションに、シトロエンが’07シーズン投入予定のC4 WRCの開発に注力するためワークス活動を休止したため、セバスチャン・ロゥブはサテライトティームのクロノス・レーシングからエントリィ。シーズン8勝を挙げるものの、第12戦のキプロスラリー終了後のトレーニング中に負った怪我で後半4戦を欠場したにも関わらずWRC3連覇を達成した'06年のクサラWRCが加わったのでお買い上げ。
このゴロワーズカラーのクサラは、当時ソリドがリリース予定だったので他メイカーのはスルーしたんだけど、結局ソリドからはリリースされずじまいに終わって(1/18は出たのにねぇ)空席のままだったところ、折良く年度チャンピオンカー入手強化月間中(笑)にデアゴからリリースされたので確保。

ミニカー購入記(2017年9月9日号)

・TSM-Model 1/18 #84 ホンダNSX('95 ル マン)
mamboxで26,622円で購入。
'95年のGT2クラスウィナーのチーム国光のNSX GT2が、TSM-Modelから1/18でリリースされたのでお買い上げ。
正直、収納場所問題がかなり深刻なので1/18はあまり増やしたく無いのだけど、やはり日本人ドライヴァーがクラス優勝を遂げた、しかもGTカーとしてはフェイヴァレットマシーンのNSX GTとあってはコレクター魂を諫めることが出来ずポチった次第(^ω^ ;)。

ミニカー購入記(2017年9月7日号)

・隔週刊 ラリーカーコレクション 1/43 #2 トヨタセリカGT-FOUR('90 アクロポリスラリー)
・隔週刊 ラリーカーコレクション 1/43 #4 スバルインプレッサ555('95 RACラリー)
Yahoo! オークションでST165:1,700円・インプレッサ:1,500円で落札。
ミニカーコレクションの初期、ラリーカーは“モンテウィナー”とか“サファリウィナー”といったイヴェント毎のウィナー重視で、今にして思うとなぜか年間チャンピオンマシーンを揃えることへの意識が薄かったのだけれど、改めてコレクションを眺め渡した時、「年度チャンピオンカー(ドライヴァー)が揃って無いのはなんか片手落ちだなぁ」と思うようになりつつも、「今さら見過ごした既発のミニカーの中古漁ってまではなー」とか、「hpiの特価品でもあればなー」などと煮え切らない気分のままでいたところ、ふと「ことほど左様に重視してなかったマシーンならデアゴの廉価品でもいいんじゃね?」という天啓(そうか?)が下りてきたのでバックナンバーをチェックしたところ、自分が押さえたいマシーンはことごとく刊行初期の号だったでござるの巻(^ω^ ;)。
というわけでヤフオクをチェックしたところ、ちょうど'90 ST165と'95 インプレッサのブリスター未開封品が同一出品者から出品されているのを発見したので落札。
今回入手分は、'90年にカルロス・サインツがWRC初優勝を挙げ(モデルはそのアクロポリスラリー仕様)、かつドライヴァーズチャンピオンにも輝いた際のST165と、'95年にコリン・マクレーが最終戦でチームメイトのサインツをくだし(モデルはそのRAC仕様)、初めてドライヴァーズチャンピオンに史上最年少で輝き、かつスバルとしても初のマニュファクチャラーズチャンピオン獲得となったインプレッサの2台。

・・・うん。ホント、なんでコレクトしなかったのか不思議な、リッパな戦績を持つクルマだな(^ω^ ;)。

ミニカー購入記(2017年9月2日号)

・TSM-Model 1/43 #67 フォードGT('16 ル マン)
アマゾンで10,746円で購入
GT40でのル マン初勝利から50年を迎える2016年のWEC/IMSAに、フォードはブランニューのGTカーを投入。
フロントから眺めたエクステリアこそGT40の流れを汲むデザインになっているものの、後端に行くほどギュッと絞られたキャビンに、そのキャビンを覆ってルーフから伸びるピラーがリアフェンダーに繋っていくという、GTカーとしては空力的にかなり攻めたエクステリアに、V6 3.5Lツインターボで“エコブースト”と名付けられた環境性能向上新世代エンジン を搭載した意欲的なクルマは、インディカー/CARTでお馴染みの名門チップガナッシ・レーシングに預けられ、本番のル マンでは必勝を期して4台体勢で挑み、アストンマーティン、フェラーリなどの強豪を撥ねのけ、復帰初年度にして見事LM-GTE Proクラス優勝を勝ち取った68号車がTSM-Modelからリリースされたのでお買い上げ。
実は6月に入荷したNSX GT2と受注は一緒だったんだけど、ナゼかフォードGTだけ遅れてのリリース。
いやぁ、基本的にアメ車の脳筋的カッコ良さには惹かれない方なんだけど、フォードGTはモンクなくカッコイイわ〜。
なぜか珍しくスパークがモデル化権を獲得できずTSM製ってところもポイント高し♪

ミニカー購入記(2017年7月1日号)

・スパークモデル/ルックスマート 1/43 #6 フェラーリ330 TRI('62 ル マン)
mamboxで10.630円で購入。
61年以降のル マン車両をコレクトしている中、手頃な価格帯のモデルがリリースされなかったため長年穴が空いていた、最後のフロントエンジン車でのル マンウィナーとしても知られる、62年ウィナーのフェラーリ330 TRIがルックスマートからリリースされたので確保。

・エブロ 1/43 #25 VivaC 86 MC('15 SUPER GT)
mamboxで8,330円で購入。
SUPER GTのGT300クラス(JAF-GTカテゴリィ)への低コストでの参入、かつ技術的チャレンジに参戦の意義を見いだすエントラントに向けてGTAが供給を開始したGT300マザーシャシー(モノコックの開発は童夢、エンジンは日産のLMP2用と言われている)を導入し、2008年依頼7年ぶりにSUPER GTに復帰したつちやエンジニアリングが'15シーズンに走らせ、シーズン通してトラブルに悩まされたものの、第6戦 菅生において初勝利を挙げ、翌年のシリーズチャンピオン獲得に繋がる活躍を見せた25号車がリリースされたので、「初物はとりあえず押さえる」ポリシィに従いお買い上げ。

しかし、'15シーズンのマシーンを'17シーズンも半ばになってリリースされてもねぇ…(そーいやさらに1シーズン前のラブライブ!ポルシェはどうなった???発売中止案内も出てない認識なんだが)。

ミニカー購入記(2017年6月30日号)

・TSM-Model 1/43 #46 ホンダNSX('94 ル マン)
アマゾンで10,746円で購入。
以前ハウザック版を買った94年のル マンに出場したNSX GT2のうち、46号車がTSM-Modelからリリースされたのでリプレイス用にお買いあげ。
いつも利用しているショップが予約案内を出さなかったため珍しくアマゾンでポチッとな。
ホントはNSX勢最上位のマクセルカラーの48号車を買い足すか、ケンウッドカラーの日本人トリオの47号車の方をクオリティアップしたいところだけど、47号車のアナウンス待ちきれず(1/18は予告してるのにねぇ)、46号車のリプレイスを優先させてしまった(もしかしたら、47号車が出た暁には入れ替えちゃうかも(^ω^ #))。
NSX GT-LMは何度かモデルかされてるけど、正直出来の面では恵まれているマシーンじゃないので(エブロ版はクオリティ的にはまずまずだったけど色がー、ハウザックは廉価臭がー、ミラージュはタイヤがパツンパツンなのがー…等々)、 モノによっては当たり外れがあるとはいえTSM-modelから出たのはありがたい限り。
で、'96のレイブリックはまだかなー? TSMは、Honda Project 2&4のリリースも予定してるくらいホンダ好きっぽいから期待してるんだけどなー。[壁]_・)チラッチラッ

ミニカー購入記(2017年6月24日号)

・スタディ特注ミニチャンプス 1/43 #7 Studie BMW M6('16 SUPER GT)
BMW Team Studie Official Clubのメンバー(会費:30,000円)の特典として入手。
アジアで唯一となるBMWオフィシャルレーシングティームであるスタディは、BMWが2016年からGT3向けにデリバリィを開始したM6 GT3にマシーンをスウィッチしたものの、マイナートラブル続きでチャンピオン争いに加わるどころか、M6ユーザーティームとしてはランキング上もARTAに上を行かれる有様で(スタディ:14位、ARTA:8位)、いささか期待外れに終わった'16シーズンの7号車が、今年はティーム別注のグッズとしてではなく、オフィシャルクラブの特典に含まれることになったので入会して入手。
まぁ、もともとスタディは初音ミクGTプロジェクトの母体ということもあって、袂を分かってからも応援しているからこの入手形態でも構わないんだけど、成績が奮わないと会費の払い甲斐が無いよねぇ(^ω^ ;)。
あと、ミニカーの梱包としては少々雑でクリアケースが擦り傷だらけだったのは改善して欲しいところ。

ミニカー購入記(2017年6月10日号)

・イグニッションモデル 1/43 #37 トヨタ90C-V('90 ル マン)
mamboxで1,5152円で購入
Q-MODLE版でミノルタカラーを押さえていた90C-Vがイグニッションモデルからリリースされたので、taka-Qカラーの37号車(鈴木亜久里/ジョニー・ダンフリース/ロベルト・ラバーリア組。決勝リタイヤ)を購入。
正直、戦績的にはイマイチのクルマに1マン出すのは躊躇われるものがあるんだけど、さりとてスパークまみれになるのも面白くないのでイグニッション版をコレクトした次第。

ミニカー購入記(2017年5月9日号)

・イグニッションモデル 1/43 #24 日産R90CK('90 ル マン)
mamboxで13,180円で購入。
90年のル マンでポールポジションを取ったNMEのR90CK 24号車がイグニッションモデルからリリースされたので、以前購入したQ-MODLE版のリプレイス用として購入。
特にQ-MODEL版のデキに不満があったわけじゃないけど、最新技術で作られたイグニッションモデル版は押さえたいけど、さりとて1マン越えのミニカーを特にトピックスの無い25号車に割く気は起きなかったので24号車のリプレイスに踏み切った次第。

・スパークモデル 1/43 #46 サードMC8-R('96 ル マン)
mamboxで6,242円で購入。
サードが90年代のル マンに挑戦した際の、MR2をベイスにしたGT1カーであるMC8-Rの96年仕様がスパークからリリースされたのでお買い上げ。
前年よりはポテンシャルアップを図ったものの、周囲の向上したレヴェルに対抗出来るパフォーマンスには至らず、成績的には24位と奮わなかったマシーンだけど、メニコンカラーが目を引くし、サードのル マンチャレンジの軌跡は残したいので、メイカーバリとしてもちょうどいいためスパーク版を入手したもの。

・スパークモデル 1/43 #2 ポルシェ919 ハイブリッド('16 ル マン)
mamboxのYahoo! オークション出品分を7,052円で落札。
2016年、ポルシェはキープコンセプトで外観的にもチャレンジングさは見られないものの、継続利用のシャシーの以外のほとんどのパーツを見直した919 ハイブリッドをWEC/ル マンに投入。ル マンの予選では2号車がポールポジションを獲得し、決勝では序盤に1号車がトップを走りながらメカニカルトラブルで脱落してトヨタの2台に優勝争いを譲って以降、1スティントの周回数の戦略差(ポルシェ=13周、トヨタ=14周)もあってジワジワと差を広げられて万事休すかと思いきや、ラスト3分、TS050 5号車の「ノーパワー!」により劇的な逆転勝利をもぎ取り、ポルシェにル マン2連覇をもたらした919 2号車(ロマン・デュマ/ニール・ジャニ/マルク・リーブ組)がスパークからリリースされたのでお買い上げ。
ポルシェ特注が出るだろうと通常版を予約しないでおいたら、一向に出る様子が無いので慌ててヤフオク出品分を落札したもの。
モデルは、スタート直前に降り出したスコールによりセイフティカー先導でスタートしたのか印象的だったのか、レインタイヤ装着仕様というのが珍しい(R18もそうだったけど)。
'14仕様のカラーリングが好きだったので、919が他社と大差ないグラフィックになっちゃったのがつまらないなぁ。

ミニカー購入記(2017年5月1日号)

・ヒュンダイ特注イクソ 1/43 #8 ヒュンダイi20 WRC('14 モンテカルロラリー)
アマゾンのマーケットプレイスで3,990円(送料390円)で購入。
'14シーズン、03年に撤退して以来11年ぶりにWRCに復帰したヒュンダイはi20 WRCを投入。ドライヴァーにはティエリー・ヌービルとダニエル・ソルドを起用。初戦モンテカルロでは2台ともリタイヤの憂き目を見るも、徐々に安定感を増して第9戦のラリー・ドイチェランド(ドイツ)でヌービル1位・ソルド2位の1-2フィニッシュを達成。シーズンが終わってみればマニュファクチャーズランキングも4位と、まずまずの成果を残した初年度のモンテカルロ仕様を今さら購入。
i20 WRCのミニカーについては、初勝利を獲得したドイツ仕様を買うつもりでイクソのモンテ仕様はパスしたんだけど、待てど暮らせど予告すらされないわ、さりとてモンテ仕様はさっさと売り切れてしまってプレ値が付くわで手に入れ損なっていたところ、アマゾンで定期的に検索していたら、今頃になってヒュンダイ特注の並行輸入品がマーケットプレイスで販売されていたのを見つけたので購入。
まぁ、ヒュンダイなんか『隔週刊 ラリーコレクション』版でも良かったんだけど、廉価品よりはイクソ通常品と同等の値段でメイカー特注品(とはいえプロドライブ特注が廉価品だったこともあるから、通常品と同等かは「?」だけど(^ω^ ;))が買えるならまぁいいかと。

より以前の記事一覧