2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

ブログパーツ

無料ブログはココログ

トイ・ホビー全般

ル・マン24h優勝記念特別展示@MEGA WEB

SUPER GT 第6戦 菅生戦をPVで観戦するためMEGA WEBに行ったついでに、9月8日から22日まで開催されている《ル・マン24h優勝記念特別展示》を見物。

展示されているのはTS050のレプリカと優勝トロフィー。
さすがにこの程度の企画じゃ、TMGに永久保存されることになった実車は持って来れないか。

それにしても、せっかく悲願とやらのル マン初優勝をしたってのに、特に記念グッズを作って売るでもないところに、トヨタの宣伝下手というかファンを喜ばせることの下手さが現れてるよねぇ。

【オマケ】
MEGA WEBのPV恒例、プレゼント抽選会参加用のレクサス勢最上位予想投票でZENTに投票したら、ZENTが決勝5位フィニッシュで最上位を獲得。
最上位ティームのプレゼントの目玉として、今回10月27日発売予定のTS050のミニ四駆が用意されていたんだけど、クジ運の無いブログ主にしては珍しくラス1が当選!
GSRのTシャツ着て参加して、レクサスガチ勢じゃないのが丸わかりなのが当選してしまったことをここにお詫びします(^ω^ ;)。

絶好の機会なので1/1スケールと記念撮影♪

ル マンに勝つとミニ四駆化してもらえるのか

<トヨタ ガズーレーシング TS050 HYBRID>(タミヤ)

へ〜、実車ってだけでも珍しいのに、現行プロトタイプレーシングカーがミニ四駆化されるとか、ル マンに勝つということの影響力はたいしたもんだな〜。
もちろん、記念に買わせて頂きまっせ♪

ポロ ラルフローレンの発熱ジャケットがステキすぎる〜

「冬季五輪の米国チームは、ラルフローレンの「発熱するジャケット」で記録に挑む──その開発の裏側」(WIRED)

今朝のNHKのニュースでレポートしてたの見たら、電熱ウェア自体は、バイクウェア界隈では珍しくなくなってるけど、さすがポロ ラルフローランだけあってデザインがカワイイし、“(導電性)インクはアメリカ国旗の形になっている”が、実に巧妙に柄になっててシャレオツでめっちゃ欲しくなった(でも、お高いんでしょう?(^_^;))。
翻って日本のユニフォームって、どうしていつもああダサいんだろう???

PG 1/72 ミレニアム・ファルコンの「限りなく忠実な」再現度の気になるポイント

<PERFECT GRADE 1/72 ミレニアム・ファルコン>(バンダイ ホビーサイト)

「1.7メートルサイズの撮影用モデルを限りなく忠実に再現した」のなら、現物にお遊び(?)で貼ってあったチャンピオンのデカールも再現してるんだよね!?(そこかよ)

ところで、この手の撮影モデルの、特にゴチャゴチャした構造物部分って、もともと既存のキットのそれっぽいパーツ(エンジンとかホウィールとか)の切り貼りをしてるわけだけど、それを「忠実に再現」することには特に権利的な問題は発生しないのかな???

#ま、常識的に考えて「特定のキットとして組める」わけではないから無問題なんだろうけど。

【追記】
どうやら、スクラッチに使用したキットの特定もちゃんとしてかなり拘ってるようだけど、残念ながらチャンピオンデカールは付かない模様。>「【SW】拘りご紹介コラム第5回 約48.2㌢のキットに詰め込むもの」(ホビー事業部の開発ブログ)

レゴでパナマ運河を建築

「レゴ公式のフル可動『パナマ運河』キットが圧巻のデキ」(GIGAZINE)

おお〜、ジオラマ好きかつギミック好きとしてはたまらんレゴやね。
欲しいけど日本では販売しないのかな〜?

キヤノン ミニチュア・カメラUSBメモリーレヴュウ

もともと非売品のノベルティとして制作され、昨年12月にキヤノンオンラインショップで1000個限定で販売したところ申し込みが殺到したためサーバーは陥落。ブログ主も購入をトライしたもののあえなく撃沈していたEOS 5DsとLレンズ2種を精巧にミニチュア化したUSBメモリィ。
あまりの瞬殺ぶりにCANON iMAGE GATEWAY会員向けにお詫びのメルマガが発信され、その中で希望者には販売再開時にお知らせするということだったので登録しておいたら、3月になって抽選式で販売再開するという案内が来たため応募したところ、クジ運が悪いブログ主にしては珍しく見事当選したのでレヴュウをお届け!

<MUSB EOS 5Ds EF24-105mm f/4L IS USM 8GB(ミニチュアUSBフラッシュドライブ)>(税込10,778円)

外装箱は結構しっかりした造りで紙質も高級感があって、なんなら1/1スケールのボックスより良い紙使ってるんじゃね? な勢い。

箱を開けると、本体とレンズ、アクセサリィがスポンジでしっかり梱包されてる。
購入したのは5DsとEF24-105mm F4Lセット。自分のボディは7Dなので、ほとんどEF24-105mm F4L目当て。

ボディにレンズを装着した状態。
設計図をもとにしつつも、適度にディフォルメは加えているかな?

レンズキャップも外れます。さすがにノッチは無可動だけど、つい「押せるのでは?」と試してみたくなってしまうディティールの細かさ。

リアヴュウ。
ボディの質感もバッチリ再現。ラバー部分も多少オーヴァースケールながらシボが再現されているので雰囲気は満点。

1/1のEF24-105mm F4Lと並べると、その再現度の高さが良く分かる。

レンズのディティールアップ。
レンズ表面のタンポ印刷も実に繊細で全ての印字を再現しているので情報量の向上に寄与してる。

というわけで、ミニカーコレクターの目から見ても1万円という価格がバーゲンプライスに思えるハイクオリティさで、自分のようなミニチュア好きにはたまらない逸品でございました。

デアゴスティーニから『週刊 サンダーバード2号&救助メカ』発売決定!

<週刊 サンダーバード2号&救助メカ>(デアゴスティーニ・ジャパン)

サンダーバード2号コレクターとしては一瞬
( ゜д゜)ガタッ
ってなったけど、1/144というスケールといい、ギミックといい、えらい既視感が…。
まさかとは思うけど、10年前に発売されたタカラのフルアクションサンダーバード2号を多少リファインしたものをバラしただけ、ってオチじゃないよね?(^ω^ ;)

まさか『孤独のグルメ』のジオラマが出るとは

<孤独のグルメ ジオラマ「焼肉 ジンギスカン つるや」>(テレ東本舗。WEB)

トミーテックの電車内内装ディオラマの3万でビビッてたら、今度はジンギスカン屋の店内ディオラマ16万だよ!
実写版登場店の模型化とはいえ、わざわざ1/12スケールにしているところに、figma ゴローちゃんと組み合わせること前提という作為がミエミエですな(笑)。
しかしいったいどういう層が手を出すんだろう???

S.H.Figuartsブランドで400カタナが立体化!

「TAMASHII NATION 2015 ヒロインフィギュアレポート」(魂ウェブ ヒロインフィギュアブログ)

週末開催されていた《TAMASHII NATION 2015》で、アニメ化決定で勢いに乗る『ばくおん!!』のキャラクターがS.H.Figuarts化されることが発表され、キャラクターに組み合わせる用にバイクも併せて出品されたようですな。
いやー、まさかバンダイが『ばくおん!!』に手を出すとは思わなかった。しかも実在のバイクをS.H.Figuarts化するとは…。
グッスマのフィギュアと違い、こっちならバイクだけ買えるだろうから発売が楽しみですな。

電車内ジオラマベースとか、また変態ウッディ画像が捗る製品を…

<通勤電車(青色シート)>(トミーテック)

これ、絶対ウッディに制服女の子キャラを痴漢させる画像が作るヤツいるだろ(笑)。
ジオラマ好きとしてはかなりハート鷲づかみにされたけど、さすがに3万は出せないなぁ。

より以前の記事一覧