2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

個人スポンサー協賛中

無料ブログはココログ

ミニカー:情報

エブロのS-GTミニカーの大量キャンセルはなにかの前触れか?

「エブロ 発売中止のお知らせ」(POCKET GARAGE)

エブロオフィシャルのリリースが今のところないのでショップ情報から。
2017モデルは出たのにいつまで経っても2016年モデルのNSXがリリースされないからどうしたことかと思っていたら、まるまるキャンセルってどーゆーこった???ホンダ車率の高さも気になる。ARTA予約してたのに…。
自分、伊集院 光ばりのルール馬鹿だから、こうやって欠けた年度とか出ると一気にモチベ下がるんだよなぁ。
それに2018、2019とチャンピオンマシーンも未だアナウンスされてないし…エブロになにが起きてるんだ?

#ちょっとツイッター検索したら案の定荒れてるし、4月の時点で板東正敬監督がこんな愚痴言ってたのか。

ミニカーの“Pro Edition”とは?

<TS050 HYBRIDモデルカー 1/43 Pro Edition>(TOYOTA GAZOO Racing)

“日本の匠が制作”と言いつつ、製造現場の写真がどう見ても中華圏な件(国内工場でスタッフがアジア系ばかりって可能性も否定は出来ないけどね)はひとまず置くとして、37,000円も出させるのに、制作メイカーはおろかモデルの素材の明記はおろか、考証の正確さやディテイルに対するこだわりといった、この価格であることが納得出来る情報もなく、デカール貼りの技術力だけアピールされてもねぇ…。

台湾セブンイレブン限定ル マン24時間ミニカーシリーズが羨ましすぎる

<利曼8大車隊 爭霸集點送>(台湾セブン-イレブン)

久々ヤフオクでミニカー漁りをしていたら、「台湾セブンイレブン限定」なるミニカーがいろいろヒットし、その中にル マン参戦車両があるではないか。
調べてみると、台湾のセブンイレブンでは、《山崎春のパンまつり》よろしくシールを集めると色々な景品と引き換えられる文化がどちゃくそ発展しているらしく、景品の中にミニカーのシリーズもあり、そのシリーズの1種として、ル マン参戦車両が今年の2月に展開された模様。
ラインナップは、
・#41 マクラーレンF1 GTR(1997)
・#35 メルセデス−ベンツCLK LM(1998)
・#7 ベントレイスピード8(2003)
・#2 アウディR18 e-tron quattro(2014)
・#64 シボレーコーヴェットC7-R GTE(2015)
・#68 フォードGT LM GTE(2016)
・#97 アストンマーティンヴァンテイジGTE(2017)
・#82 BMW M8 GTE(2018)
の8種と、なかなかマニアのツボを突くラインナップ。
しかもモデルはどうやらTSM-Model製らしい。
過去にTSMがリリースしていないクルマについては、M8 GTEの逆パターンでスパークとのコラボって可能性もあるけど、なんにせよ1/43 のコレクタブルなミニカーが景品になる台湾のセブンイレブン、羨ましすぎる。

TS050に続いてヤリスWRCもミニ四駆化決定

<トヨタ ガズー レーシング WRT/ヤリス WRC (MAシャーシ)>(タミヤ)

おお〜、ヤリスWRCの19年型もミニ四駆化かぁ。
ミニ四駆PROシリーズの中で続けて選ばれるとは、やはり日本車がチャンピオンを獲るというステイタスは格別なのだなぁ。

auto sport特注 1/43 '17 DW12 インディウィナーのミニカーはプレミアムX製で確定

先日ネタにしたautosport特注の1/43 '17 DW12 インディウィナーのミニカーについて、今日発売の『auto sport 創刊1500号記念号』で詳細が発表されましたな。

記事によると、モデルはもてぎ特注の'13 ロングビーチウィナー同様プレミアムX製のレジンモデルで、もともとはF1グッズショップの<REVOLUTION>特注でモデル化するものとコラボしたものだそうで、パッケイジは当然として、ドライヴァーフィギュアが<REVOLUTION>版は乗車姿勢の、オースポ版はゴール後の「イチバン」ポーズの違いがあるそうで、価格は共に14,500円(税込み)とのことなので、どちらをチョイスするか悩みどころですな〜。

auto sport特注で1/43 の'17 DW12 インディウィナーのミニカー化決定…か?

「autosport通巻1500号記念、F1やスーパーGTの豪華特典付き観戦チケットプレゼント実施中」(autosport Web)

おいおい、「アメリカで琢磨の走りを生観戦! INDYセット」のプレゼントの特典にしれっと「オートスポーツ特注1/43ミニカー2017 INDY 500 WINNER T.Sato “BIG WIN”」なんてのがあるんですけどぉぉぉぉ!?
これ、当然そのうち単品販売もあるよね? ね? てゆーかしてくださいお願いしますauto sportさん!

1/4のビッグスケールで'16 YZR-M1のロッシ号を作ろう

『週刊 YAMAHA YZR-M1 バレンティーノ・ロッシ モデル』(デアゴスティーニ)

'16シーズンはランキング2位でティームタイトルを獲得したマシーンでもあるから、近年のM1からチョイスするとしたら妥当っちゃ妥当だけど、せっかくロッシの愛機、しかもこんな場所を取るミニカーとしての所有感やメモリアル感とかは薄いよねぇ。

ヒトツヤマのアウディR8 LMSのミニカーはティーム特注で登場

<1/43 Spark Model 2016 Audi Team Hitotsuyama SUPER GT300 #21 Audi R8 LMS>
<1/43 Spark Model 2017 Audi Team Hitotsuyama SUPER GT300 #21 Audi R8 LMS>
<1/43 Spark Model 2018 Audi Team Hitotsuyama SUPER GT300 #21 Audi R8 LMS>
<【3台一括購入特別価格】1/43 Spark Model Audi Team Hitotsuyama SUPER GT300 #21 Audi R8 LMS>

エブロのリリース予定がキャンセルされちゃった(よね? 確か)ヒトツヤマのR8 LMSのミニカーが、ヒトツヤマ特注で発売されることが決定(オートサロン会場で告知されてたらしいけど、ものの見事に見逃した(^ω^ ;))。
しかも予約者にはティーム関係者向けドライヴァーサイン入りスペシャルボックスセットが当たるチャンスありという大盤振る舞い!
モデルがスパーク製だからか、税込10,584円と、エブロのレジンモデルと比べても割高感を感じない価格設定がありがたいですな。
スパーク製といいつつハチマキやゼッケンがちゃんとSUPER GTオフィシャル仕様のようだし、ライセンス上はエブロも関わってるのかしらん?

GAZOO Racing特注1/43 '18 TS050 ル マンウィナー正規販売決定

「GAZOOショッピング 2018年 ル・マン優勝記念商品 ショップ」(GAZOO.com)

一部ミニカー専門店では予約を受け付けていたGAZOO Racing特注1/43 '18 TS050 ル マンウィナーの発売が、ようやく正規ルート(?)でもアナウンス。
でも発売日は10月22日じゃ来週のWEC 富士には間に合わないじゃん。
熱心なファンはきっとこれを持ってトヨタのピットに行きたかっただろうに。
トヨタって、ホントファン心理ってもんを分かってないねぇ。

WEC 富士の会場では先行販売したようですな。

アシェット『ル・マン24時間レース カーコレクション』全国販売確定!

『ル・マン24時間レース カーコレクション』(アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社)

試験販売版がヤフオクに出品されていることで全国販売が待たれた『ル・マン24時間レース カーコレクション』のサイトがついにオープンしましたな。
ミニカー制作は、パートワークへの提供はこれが初(?)のスパーク。
ダイキャスト厨としては、Altaya版の輸入を期待したんだけど、これはこれで楽しみだ〜。

それはさておき、なんでTS050はよりによって惨敗の'17年型?(^ω^ ;)
そして、通常版でもまだリリースされてないNSXが、しかも'96──すなわちレイブリックNSX──がしれっと予告されてる件!(゜∀゜)

より以前の記事一覧