2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ

無料ブログはココログ

車・バイク・モータースポーツ

2018 SUPER GT 公式テスト もてぎ初日の様子

体育の日の祝日、SUPER GT公式テストがもてぎで行われるというので、今年の個スポ figma 15,000円コース特典の'17 ミクAMGの1/32ミニカーにチャンピオンコンビのサインをもらいに行ったので、その時の様子をお届け。

#0 グッドスマイル 初音ミク AMG

SUGOで3位表彰台を獲得したことでランキング2位に躍り出ることが出来た我らがGSR。
今年優勝出来てないのが気がかりだけど2連覇達成なるか?

場所さえ確保出来れば300mmでここまで寄れる。

以下、今シーズン優勝を飾ったマシーンを中心にベストカットをセレクト。
※優勝マシーンでセレクトから漏れているのは、単にバチピンのカットが無かっただけで他意はありません。

第2戦 富士 GT500ウィナー #23 MOTUL AUTECH GT-R

第3戦 鈴鹿 GT500ウィナー #8 ARTA NSX-GT

第4戦 タイ GT500ウィナー #39 DENSO KOBELCO SARD LC500

第5戦 富士 GT500ウィナー #36 au TOM'S LC500

第6戦 SUGO GT500ウィナー #100 RAYBRIG NSX-GT

第2戦・第5戦 富士 GT300ウィナー #55 ARTA BMW M6 GT3

第4戦 タイ GT300ウィナー #11 GAINER TANAX GT-R

第6戦 SUGO GT300ウィナー #61 SUBARU BRZ R&D SPORT

2度目の赤旗中断を機に90°コーナー側に移動して、セカンドアンダーブリッジを入れ込んだり、ダウンヒルストレートから90°コーナーに突っ込む画にチャレンジしてみたけど、思ったより面白い画にならなかった。

続いて午前中のセッション終了後に開かれた、オープンピットの模様。

GSRの谷口信輝/片岡龍也組。

サイン会終了後、自らシャッターチャンスタイムを設けるサーヴィス精神旺盛なキング谷口。

無事ミッションをコンプリート。GSRのピットボックスにて。

ナカジマレーシングのベルトラン・バゲット/松浦孝亮組。

満面の笑みとピースサインで写真撮影に応じるARTAの高木真一。

レースでは相変わらずやらかしまくってるコンドーレーシングのJ−P.デ・オリベイラ。

NDDPレーシングの千代勝正。おっとこ前っすなぁ。

ベテランの本山 哲はさすがの貫禄。

'18 日野レンジャー@TOKYO MOTOR FES 2018

ほとんどGRスープラのトミカ目当てでお台場で開催されている野外プチモーターショーとも言える《東京モーターフェス2018》を見物したら、走行エリアで'18 ダカールラリーに参戦、菅原照仁のドライヴで排気量10リットル未満クラス9連覇を達成した日野レンジャー2号車(511号車)の同乗デモ走行も見ることが出来たので撮影。

出番を前にパルクフェルメで新井敏弘と談笑する菅原照仁の姿。

コックピットではプロの表情。

パルクフェルメからいきなりダッシュをかますレンジャー(笑)。

狭い走行エリアを縦横無尽に爆走するレンジャー。

《MOTOR SPORT JAPAN》より距離感近いので迫力満点。

フジテレビの建屋をバックに、お台場感を強調したアングルも押さえたり。

結構アグレッシヴに攻めてるように見えたけど、同乗体験を終えた観客からは、「安心感があった」なんて感想も聞かれたから、やはりプロの運転はひと味誓うのだな。

ル・マン24h優勝記念特別展示@MEGA WEB

SUPER GT 第6戦 菅生戦をPVで観戦するためMEGA WEBに行ったついでに、9月8日から22日まで開催されている《ル・マン24h優勝記念特別展示》を見物。

展示されているのはTS050のレプリカと優勝トロフィー。
さすがにこの程度の企画じゃ、TMGに永久保存されることになった実車は持って来れないか。

それにしても、せっかく悲願とやらのル マン初優勝をしたってのに、特に記念グッズを作って売るでもないところに、トヨタの宣伝下手というかファンを喜ばせることの下手さが現れてるよねぇ。

【オマケ】
MEGA WEBのPV恒例、プレゼント抽選会参加用のレクサス勢最上位予想投票でZENTに投票したら、ZENTが決勝5位フィニッシュで最上位を獲得。
最上位ティームのプレゼントの目玉として、今回10月27日発売予定のTS050のミニ四駆が用意されていたんだけど、クジ運の無いブログ主にしては珍しくラス1が当選!
GSRのTシャツ着て参加して、レクサスガチ勢じゃないのが丸わかりなのが当選してしまったことをここにお詫びします(^ω^ ;)。

絶好の機会なので1/1スケールと記念撮影♪

『伊集院光とらじおと』にゲスト出演した篠塚建次郎の発言メモ

「9月4日(火)のゲストは、ラリー界のレジェンド・篠塚建次郎さんでした!」(伊集院光とらじおと)

TBSの『伊集院光とらじおと』の篠塚健次郎がゲスト出演したので印象に残った発言をメモ。

・ラリーではナビ(コドラ)の方が、何かあった時不意打ちを食らうので危険
・パリダカ制覇した時のナビ(アンリ・マーニュ)も、後年別のスペイン人ドライバー(ホアン・ナニ・ロマ)が事故を起こした際亡くなっている
・南米のダカールには魅力を感じない。サハラ砂漠を走りたい
・セネガルに寄付した小学校へ文房具を届ける活動を再開したい
・パリダカがアフリカの治安の悪さを宣伝してしまい、安全な国も風評被害で観光客が激減しており、そのイメージを払拭したい
・アフリカ・エコレースは、ルート国の軍隊がガードしてくれており問題は起こっていない
・喜寿まで走りたい

う〜ん、70歳にしてこのチャレンジ精神とバイタリティはさすがだなぁ。

#そういやシノケンのパリダカ優勝パジェロってナゼかミニカー化されてないよね。

マルマン「図案」カラースーパーカブ登場!

「マルマン『図案シリーズ60周年』大感謝クイズキャンペーン」(マルマン)

へ~、図案シリーズも60周年で、こんなコラボやってたんだ。
ねとらぼでグッズネタ扱うまで知らなかった。
微妙にレトロ感のある配色がカブと合っててイイ感じ♪
でも、こんなレアカラーのカブ、あっという間に盗まれそうだね(^ω^ ;)。

91年のマツダ優勝の影の立役者にオレカあり

「ル・マン優勝! トヨタとマツダ 2つの快挙支えた男と“勝利”の意味」(ベストカーWeb)

なんと! マツダ優勝の裏側にこんな秘話があったとは!
今まで日本のモータースポーツジャーナリスト達は何をやってたんだ!
しっかし、80年代の童夢・トムスへの委託を無かったかのようにしてるトヨタといい、日本の自動車メーカーってのは、とことん「お前のものはオレのもの」的ジャイアニズムに支配されてのかねぇ?。

寡聞にして段 純恵って記者の名前は知らなかったけど、個人ブログでもいいネタ書いてるから、これからは要チェックかな。

ル マンに勝つとミニ四駆化してもらえるのか

<トヨタ ガズーレーシング TS050 HYBRID>(タミヤ)

へ〜、実車ってだけでも珍しいのに、現行プロトタイプレーシングカーがミニ四駆化されるとか、ル マンに勝つということの影響力はたいしたもんだな〜。
もちろん、記念に買わせて頂きまっせ♪

Nissan GT-R50 by Italdesignから受ける既視感の正体

Nissan GT-R50 by Italdesignが発表されましたな。
そもそもR35 GT-Rを、スポーツカーとしてカッコイイとも美しいとも思っていない、という個人的趣味嗜好はさておいても、この配色、おっちゃん的には・・・

ヤマハのミッドナイトスペシャルかな?(画像はWebikeから拝借)

オラオラ系お兄さん大好き黒金ファッションかな?(画像はアディダスから拝借)

ライザップかな?(画像はライザップから拝借)

等々、早い話、「高級」とか「モダン」、「洗練」というイメージからはほど遠い×××(自主規制)イメージしかない、という与太話でしたとさ(^ω^ ;)。

2018 ル・マン24時間レース パブリックビューイング in MEGAレポ

ここのところ、雨さえ降らなければスタートパートをMEGA WEBでPV観戦してるル マン。今年は2台共無事に朝を迎えることが出来、いよいよ「トヨタのル マン初優勝」&「日本車+日本人の組み合わせで初」という、日本のモータースポーツ史の1ページを飾る年のル マンはテレビ観戦じゃもったいない──というわけでゴールパートもPV観戦することに。
ついでにヒストリーガレージで開催されているモータースポーツヘリテージ企画展示『トヨタ ル・マン 24h 挑戦の軌跡』を見物。

'90 90C-V 36号車。

'92 TS010 33号車。

'95 スープラGT LM 27号車。

'98 TS020 27号車。

'13 TS030 8号車。

その他、個人所蔵の参戦車両のミニカーも展示されていたり、それなりに工夫された展示で一見の価値あり。
ひと通り見物を終えてからPV会場へ移動。

MEGA WEBのMEGA THETER前には'18仕様のTS050も展示(ドンガラはドンガラだろうけど、コックピット内も詰まってる本格派(?)だった)。

今年は優勝の可能性が高く、盛り上がりが期待出来るからか、PV会場は1階のMEGA STAGE(写真は土曜日の様子)。

来場者プレゼントは、TGRのキャップ、フラッグ、マスキングテープ(おっさんにゃ使い道がさっぱりだよ(笑))富士スピードウェイのイヴェントフライヤー。
う〜ん、年々記念品のグレイド下がってない?(^ω^ #)

日曜日のイヴェント登壇者は、司会は今井優杏姉さん、ゲスト解説に木下隆之、福山英朗、国本雄資の布陣(国本と優杏姐さんは富士のインタープロトからハシゴ)。
ちょうど可夢偉ドライブ中の7号車がピットインし損ない、燃料に余裕が無くなったためセイフモードでのスロー走行になるというアクシデント直後の20時半にトークショウがスタートしたので最初はちょっとザワザワする(笑)。
さすがに実際TS050をル マンで走らせた国本が披露する、「100ページはあろうかというマニュアルの理解度テストをやらされた」とか、「あまりに広いTMGのファクトリー内で迷子になった」とかの裏話は興味深いし面白かった。

7号車・8号車両方にスローゾーンのスピード違反、7号車の燃料使用量違反のペナ(しかも2回)、8号車のアンセイフリリース等々、オペレイションの拙さが目立ったものの、去年まで泣かされたメカニカルトラブルとは無縁で8号車は一人旅の独走。1-2フィニッシュで24時間を走りきってゴール! ついにトヨタに悲願のルマン初勝利をもたらせる。

表彰式に合わせ、PV会場でもノンアルコールシャンペンが振る舞われる。
うん、これはこれで気分味わえるけど、せっかく優勝したんだから、なにか記念品的な物を頒布してもバチは当たらないと思うんだが…(・A・)。

会場のみんなでカンパ〜イ!

入場整理券は、記念にスタッフに断ってケースだけ返してもらってきちゃった。

いやはや、これで勝てなきゃレースやめろってレベルの条件化の勝利ではあるけど、やっとル マンでトヨタが勝ったか〜。
ぶっちゃけ。どっちかって言うとアンチトヨタなので、もうここまで来たら永遠に勝てない芸(どんな芸だ?)を貫いて欲しい気持ちもあったし、ホンダをdisりまくったアロンソには勝たせたく無かったけど、やはりル マンの表彰台で君が代が流れたのにはグッと来てしまった(^ω^ ;)。
F1を中途半端に投げ出したことを思えば、ル マンは勝つまで継続したんだから、ここは素直に「トヨタおめでとう!」と言っておこう。

【余談】
翌日、記念にスポーツ新聞を買おうとコンビニ行ってみたら・・・

トーチュウ以外はワールドカップ一色。
日本のモータースポーツの地位の低さをまざまざと見せつけられましたわ(´・ω・`)。

'18 日野レンジャー@MOTOR SPORT JAPAN 2018

昨年は、土曜日が某声優さんのライヴとバッティング、日曜は絶好のツーリング日和だったのでNC750Xの慣らしツーリングに充てたためパスした《MOTOR SPORT JAPAN》を2年ぶりに見物。
正直、イヴェントの内容は年々ショボくなっているので「必ず見なくちゃ!」というテンションで臨むイヴェントではないのだけれど、近いしタダだし他に用事がるわけでもなし、ということでお台場へ。

今日のお目当ては、今年のダカールラリーで惜しくも3日目でリタイアしてしまった、菅原義正ドライヴの日野レンジャー1号車(521号車)。
所用を済ませてから出かけたので、残念ながら11時45分からのデモランには間に合わなかったので、グリッドウォークとブース展示されていた模様をお届け。

グリッドウォークでは菅原照仁がファンサーヴィスに応じていたので、レンジャーをバックにパチリ。

#いやしかし、まさか荒天で日曜日の開催が中止になってしまうとは…。

より以前の記事一覧